京都 撮影記

南禅寺・天授庵:紅葉のピークが過ぎるとこんな感じですという記録を兼ねて・・・

南禅寺境内にある、紅葉ライトアップで有名な天授庵・・・紅葉の残滓を満喫しようと訪れた12月最初旬、南禅寺の紅葉はけっこう残っていましたが、天授庵の紅葉はほぼ壊滅状態であったという、残念な記録です。

南禅寺の紅葉の状態と比較いただきながら、「撮れ高のない」環境でどのように構図を生み出すか(というか、生み出せなかった・・・)という苦闘の記録をお楽しみいただければと思います!

南禅寺の紅葉と全然違う!ピークを過ぎた南禅寺・天授庵の光景

天授庵は南禅寺の開山塔であり、最も由緒ある寺院とされています。何よりも、紅葉のライトアップが有名です。

訪れたのは12月最初旬、溢れんばかりの紅葉は期待えず、その残滓を工夫して盛り盛りにしようと思って訪れたのですが、かろうじて色づいた紅葉が残っていたのはここのみでした・・・(TT)

「紅葉の写真」というには厳しすぎる・・・

参考までに、南禅寺三門付近の紅葉は、同じ時期にも結構残っています。

関連
α7Cで京都・南禅寺の紅葉はどのように描かれるのか:ピークの過ぎた紅葉を工夫して激写!

続きを見る

こうしてみると、天授庵の方がかなり紅葉が早いようです。

邸内の庭園もこんな感じです。苔の緑と赤い紅葉の落ち葉の対比がかろうじて綺麗・・・

 

うーん。。

むしろ新緑の雨の日を狙いたい・・・と思いつつ。

関連
京都・大原三千院に雨と新緑の織りなす絶景を求めて

続きを見る

こんなような小路がリフレクションの綺麗な池の周りに続いています。

 

 

もう秋も終わりですな・・・ ̄Д ̄ =3 ハァ

結局、比較的まとまった量の紅葉が残っていたのはこの一本のみでした。この紅葉は最初の写真と同じ木のやつ。

秋らしい唯一の写真です。

室内はライトアップの時期のみ入室可です。望遠で、雰囲気だけお伝え。紅葉がほとんどないのが良く分かります。

 

天井裏の採光窓がいい感じだったので撮ってみた・・・

全体として、秋らしい写真はほとんど撮れませんでした。。。

まとめ

本日は、紅葉のピークの過ぎた天授庵を訪れた記録をまとめました。

12月初頭の撮れ高はこんな感じです、という参考になれば幸いです。

ちなみに、同日の南禅寺本院の方はかんな感じです。

関連
α7Cで京都・南禅寺の紅葉はどのように描かれるのか:ピークの過ぎた紅葉を工夫して激写!【躍動する晩秋の紅葉】

続きを見る

本院の紅葉はまずまず残っていることから、天授庵の方が紅葉の時期が早いことが分かりました。

 

-京都, 撮影記

© 2022 α7Cで撮る北摂の風景 Powered by AFFINGER5